家電製品
1. お引取りできるもの
・廃家電として引き取りできるのは以下の4 品目に限定されます。
 1)エアコン(室内機、室外機)
 2)テレビ(ブラウン管式、液晶・プラズマ式)
 3)冷蔵庫・冷凍庫
 4)洗濯機・衣類乾燥機
・業務用の物は、「家電製品」としてのお引取り対象外となります。
 大きさや数量に応じて「粗大ごみ」または「その他」として別途お申込み下さい。
 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
 対象廃棄物(家電4 品目)一覧

  http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_4list.html

2. お引き取りできる数量について
・引き取りできる数量は、「最大4 品目×2 台=8 台」までとなります。

3. 家電リサイクル券について
・家電製品を廃棄する場合、種類・メーカー・大きさに応じた家電リサイクル券を予めご用意(ご購入)頂く必要
 があります。
 詳しくは一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センターのホームページにてご確認下さい。
 ( 家電リサイクル券は郵便局にてご購入頂けます。)
 一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター
 再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)

  http://www.rkc.aeha.or.jp/consumer/recycle_price.html

4.[重要事項]廃棄物引き取り時のご協力のお願い
・廃棄物を速やかにお引き取りするため、以下3 点にご協力お願い致します。
 1) 廃棄物は、道路に面した1F に排出をお願いします。
   注)建物内部及びエレベーターや階段を使用した搬出作業は行いません。
 2) 廃棄物引き取りの際は、排出事業者の方に「廃棄の指示」及び「収集完了の確認」をお願い致します。
   注)引き取り当日に不在等の場合はキャンセル扱いとし、廃棄費用の返金はありません。
     なお、廃棄物を引き取りに伺う際は、伺う直前に指定業者より電話連絡させて頂く場合があります。
 3) 以下の引き取りはお断りしておりますので、予めご了承ください。
   ・ご依頼頂いた数量以上の廃棄物
   ・ご依頼と異なる廃棄物
   ・ライター・カセットボンベ等の危険物や処理困難物が混入したもの
・その他引き取り時の注意事項等については、利用ガイドをご確認下さい。
5. ご依頼
ご依頼される数量、廃棄物の内容をご入力下さい。
車両費 家電製品の内容・数量
定 額 制
対象品目
車両 別途消費税が掛かります。 入力例:テレビ1台、冷蔵庫1台
家電リサイクル券

収集運搬費 
[注意事項]
 家電製品を廃棄する場合、種類・メーカー・大きさに応じた家電リサイクル券を
 予めご用意(ご購入)頂く必要があります。